名古屋でMBAを取るなら貴方はどっち?「グロービス経営大学院」or「名古屋商科大学」徹底比較 » MBAに関する様々な疑問 » MBAの学費と費用対効果を名古屋と海外で比較

投稿日:|最終更新日時:

MBAの学費と費用対効果を名古屋と海外で比較

国内外でそれぞれMBAを取得する場合の学費と費用対効果

本ページでは、日本国内でMBAを取得する場合にかかる学費と、海外でMBAを取得する場合にかかる学費、さらに諸経費などを比較した上で、MBA取得の費用対効果について検証していきます。

MBAを取得するなら日本国内と海外のどちらが得なのか?

日本国内でMBAの取得を目指す場合、基本的に費用はビジネススクールの学費や受講料のみです。一方、海外でMBAの取得を目指そうとすれば、留学先の学費の他にも様々な諸経費が必要です。

まず、日本でMBAを取得する場合、例えば名古屋のグロービス経営大学院大学や名古屋商科大学ビジネススクールの学費は、コースにもよりますがおよそ年間75万~300万円。また、厚生労働省の教育訓練給付制度などを利用して、受講費用の一部をまかなえることもあります。その他にもスクール独自の奨学金制度を設けているケースがあり、お得にMBAを取得できる可能性はあるでしょう。

対して海外でMBAを取得するための学費は、国や地域によっても異なりますが、一般的に日本国内の学費の数倍はかかるとされています。

実際、例えばMBAの本場アメリカでも有名なハーバードやスタンフォードの学費は、ケースにもよりますが2年間でおよそ1000万~1600万円程度と、非常に高額です。

海外留学をする場合は学費の他にも準備費用や生活費が必要

日本では、働きながらMBA取得を目指せるコースも多く、ニーズやライフスタイルに合わせたプランを立てられます。

しかし海外留学でMBA取得を目指す場合、一般的には現在の仕事を休業、もしくは退職し、現地で生活しながらスクールに通うことになります。そのため学費だけでなく、充分な生活費や、万が一の病気やトラブルに備えた経済的余裕も必要です。

仮に、アメリカで2年制のスクール(学費総額1000万円)に通うとして、現地の生活費を年間300万円と考えれば、最低でもおよそ1600万円以上は用意しなければなりません。加えて、留学前の準備費用や渡航費用などもかかります。

しかも、これはすでに留学資格を得るための英語力や、海外で問題なく生活できる経験を有していることが前提条件です。つまり、もしも英語力に不安があって語学スクールへ通う必要があれば、さらに費用はかさんでしまうでしょう。

留学費用を抑えるには

教育レベルが高い有名大学は授業料も高めで、留学費用が多額になりがちです。留学費用を少しでも抑えたいのであれば、州立大学や地方の大学など、学費が比較的安いMBAを選択することも一つの方法です。

また、家賃や物価が安い、アジア圏のMBAを選ぶことで、より費用を抑えられるでしょう。

以上の2点にプラスして奨学金制度を活用できれば、かなり費用負担が軽減できます。

留学費用を準備する方法

MBA留学には多額の費用がかかるため、留学の数年前から貯めておくことが重要です。また会社の奨学金を利用できる場合は、有効活用しましょう。

大学やビジネススクールの奨学金には、募集数が少ないながらも世界中から応募が集まります。返済が不要のものは特に応募が殺到するため、返済が一部必要な奨学金も検討してみましょう。

また、海外留学を目標にしている日本人を対象にした、民間団体の奨学金制度もあります。「フルブライト奨学金」や「中島記念国際交流財団」、「伊藤国際教育交流財団日本人奨学金」など多数存在します。

これらの奨学金のほか、日本政策金融公庫や銀行の教育ローンを利用する手もあります。中には民間の奨励金と組み合わせて利用できる教育ローンもあるので、ぜひチェックしてみてください。

MBAを取得するには国際認証校を選ぶ必要がある

MBA取得を目指す場合、学費などの安さだけでスクールや留学先を選ぶことは危険です。

例えば海外の大学には、極端に安い費用で博士号やMBAの取得をうたっている所もありますが、残念ながらそのようなケースで得た資格は、国際的に通用するものでなく、むしろ経歴にマイナスイメージを刻んでしまいます。 そのため、国内であれ国外であれMBAの取得を目指す際は、信頼できる国際認証校を選ぶことが必須条件です。

また、実際にそのスクールでMBAを取得した人材が、どれくらいのキャリアアップを叶えているのか、公開セミナーなどを活用して確認することも大切です。

海外の大学では退学リスクが日本の大学よりも高い

日本の大学は、入学は難しいが卒業することは簡単といわれがちです。しかしアメリカなどの大学では、一定の成績をキープできない学生は放校や退学といったルールを設けていることも珍しくありません。また、上位校になればなるほどMBA取得後のキャリアプランニングは有利になりますが、同時に授業レベルも高くなるため、真剣に授業へのぞむ姿勢が求められます。

もしも一流スクールに留学できたとしても、MBA取得前に学校を去ることになってしまえば、それまでの時間や費用の全てが無駄になるリスクがあります。

慣れない土地や環境で、モチベーションを維持したまま真剣に授業へ向き合い続けることは、決して楽なことではありません。

MBAを取得した場合の費用対効果を考えるポイント

MBAの費用対効果を考える場合、基本的なポイントには以下のものが挙げられます。

  • MBAの取得にかかった費用の総額
  • MBA取得のために失った収入の総額
  • MBAを取得したことで増える年収
  • MBAの取得に伴って得られる経験やコネクションなどの価値
  • MBAの取得にかかる費用と失う金額

    日本国内で働きながらMBA取得を目指すのであれば、スクールの学費や通学費といった費用を考えるだけですみます。また通学費の不要なオンライン講座も便利でしょう。

    そのため、学費300万円の国内のスクールでMBAを取得すれば、かかる費用も300万円と試算できます。

    しかし、休職したり退職したりした上で、留学してMBAの取得を考える場合、学費や生活費、準備費といった費用の総額だけでなく、仕事を止めることで失った分の収入も考慮しなければなりません。仮に年収500万円の人が2年間仕事を辞めて海外で過ごしたとして、留学先の学費が2年間で1000万円、留学準備費用が100万円、現地生活費が年間300万円であった場合、キャリアの中で失われる費用は総額で2700万円という数字になります。また、仕事を辞めていなければ2年間で昇給や昇進できていた可能性も、合わせて考慮する必要があるでしょう。

    MBA取得によって増える年収

    MBAを取得したからといって、そのまま自動的に年収が増えると期待することは軽率です。事実、MBAを取得したとしても、それに関連して得られた知識や経験を活かせなければ宝の持ち腐れになってしまいます。 とはいえ、アメリカの経済誌「フォーブス」の調査によると、MBA取得後は1年で年収が50%アップ、5年後には年収が80%もアップしたという人もいるようです。

    そう考えると、年収500万円の人がMBAを取得した場合、その後に増える収入は年間250万~400万円。もちろんこれはMBAの本場アメリカでのケースですが、日本でも外資系企業の台頭や、国内企業でも事業のグローバル化に伴って、MBAの価値が見出されており、ビジネスパーソンとしての自らの価値をしっかりとアピールしていければ、収入アップも期待できます。

    つまり、少なくとも日本国内でMBAを取得していたとすれば、費用対効果もプラスになる可能性が充分にあるといえるでしょう。

    MBAの価値は金銭的なものだけではない

    MBAを取得するには、明確な目的意識を持って、積極的に学んでいくことが必要です。

    そこで得られた知識や経験は、たとえすぐに現金化できなかったとしても、ビジネスパーソンにとって非常に重要な価値があります。また、ビジネススクールにはMBAの取得を目指す色々な人がおり、年齢や肩書きも様々な人たちが、ディスカッションを通じて互いに高め合っています。

    大学を卒業して社会へ出た後、仕事での上下関係や利害関係を気にせず多くの人と交友関係を築ける環境は、極めて貴重です。しかも、そこで出会える学友は、同じくMBAを取得してキャリアアップを目指している有望な人たちであり、そのような人材とのコネクションは、単純な金銭的メリットに換算できるものではありません。