名古屋でMBAを取るなら貴方はどっち?「グロービス経営大学院」or「名古屋商科大学」徹底比較 » MBAに関する様々な疑問 » MBAで学べる意思決定

公開日: |最終更新日時:

MBAで学べる意思決定

ビジネスで成功するために必要な要素はたくさんありますが、その中でも根本的な重要性を持つのが意思決定です。ビジネスの成功のためには、常に正しい意思決定を行わなくてはいけません。ここでは、MBAで学べる意思決定について解説していきます。

意思決定とは

意思決定は、「ある目標の達成に向けて、複数の選択肢の中から1つを選ぶこと」と定義できます。ビジネスの世界は達成すべき目標で溢れています。そのため、目標の数だけ意思決定が必要になるといえるでしょう。また、意思決定には、大きく分けて3つの種類があります。

戦略的意思決定

企業全体の戦略に代表される、経営陣やトップマネジメントによってなされる意思決定です。意思決定の中でも非常に重要で、なおかつ繰り返されることが少ないのが特徴です。

管理的意思決定

組織構造の構築や短期的な事業の計画立案などに代表される、各部署やプロジェクトチームが管轄範囲の業務を行うための意思決定です。主にミドルマネジメントによって行われます。

業務的意思決定

ポジションごとの役割や具体的な業務目標の実現のために行われる意思決定です。現場単位の、もっとも基礎的な意思決定で、同じプロセスが頻繁に繰り返されます。

意思決定の方法

意思決定は、以下に示す7つのプロセスで行われます。

より良い意思決定を行うためには、上記のプロセスにさまざまなツールを加えることもあります。決定木はその代表的なもので、顧客情報やアンケート結果などについて樹木城のモデルを構成することにより、、“従属変数”に影響する“説明変数”を見つけることができるのです。

意思決定ができる人材の価値

ビジネスにおいて、正しい意思決定ができる人材が貴重であることは言うまでもありません。特に、正しい意思決定を行うためには、不確定な要素をなるべく取り除けることが重要とされてきました。しかし、これからはそこから一歩進んで、さまざまな不確定要素を考慮しつつ、柔軟な対応ができる人材が求められるでしょう。