名古屋でMBAを取るなら貴方はどっち?「グロービス経営大学院」or「名古屋商科大学」徹底比較 » MBAに関する様々な疑問 » 女性が仕事・出産・育児と両立しながらMBAを取得できる?

投稿日:

女性が仕事・出産・育児と両立しながらMBAを取得できる?

MBA取得により仕事と育児を両立させた女性達の体験談や、女性が悩むMBA取得の手段・タイミングについてご紹介します。

女性がMBA取得で悩むのは取得方法とタイミング

働き盛りの女性は、転職やスキルアップを考えると同時に、結婚や出産・子育てなどライフスタイルの変化も求められます。特に家庭を持っている女性の場合、パートナーとの都合も考慮したうえで取得や転職を目指す必要があり、計画通りに進めるのは難しいのが現実。そんな女性が自分に合った取得方法を見つけられるように、ここでは女性のMBA取得事情をご紹介します。

海外or国内!女性がMBA取得するならどっち?

MBAは資格ではないため、取得にはビジネススクールや大学院へ通う必要があります。MBAを取得する方法は、下記の通りあります。

また「どこへ通うのか」というにも大事なポイント。国内だけでなく、あえて海外留学をして取得を目指す女性も多くいます。

海外留学のメリット・デメリットは?

海外留学の場合、グローバルな人脈が築ける、国際的な女性の仕事感覚を身につける事ができる、ディスカッションができるレベルの英語力が身につくなどのメリットがあります。ただ、留学にかかる為費用は国内での取得に比べて高額に。会社を休職または退職しないと通えない事、結婚してからの取得となると家族の理解を得る事が難しいというデメリットがあります。

国内取得のメリット・デメリットは?

仕事を続けながら取得したい女性、あるいは家庭があるため移動が難しい女性におすすめなのが、国内でのMBA取得です。費用が安く済む事、国内に強い人脈を作れるなどのメリットがあります。また転勤が多い会社の場合、大学院によっては通学する場所を変更することができる場合もあるため、状況が変わってもフレキシブルに対応できます。

ただし海外での活躍を視野に入れている女性にとっては、大学院・ビジネススクールでの講義以外で英語力を身につける手段が必要です。

女性がMBA取得によって得られるメリットは?

国内と海外に関わらず、女性にとってMBAを取得することは結婚・出産後の選択肢を増やすことに繋がります。

女性のMBA取得者を必要としている企業は多く、希望するライフスタイルを叶えられる会社への転職や部署の異動なども有利に。またMBA取得のために学んだノウハウを活かして、効率よく仕事の成果を上げることはもちろん、育児に活かす事も出来るでしょう。

女性のMBA取得のタイミングと現実的な方法は?

女性の場合、結婚前なら国内・海外共に視野に入れられますが、結婚後は国内で取得する方が現実的と言えます。

結婚後にパートナーの理解を得て、退職や休職をしてMBAを取得したり、産休育休中や退職後に保育園や、周りの協力を得て取得する事も可能です。

退職後4年以内であれば、厚生労働省の教育訓練給付制度を利用する事もできるので、それも踏まえてベストなタイミングを選びましょう。

仕事と子育ての両立を叶えた
女性MBAホルダーの体験談