名古屋でMBAを取るなら貴方はどっち?「グロービス経営大学院」or「名古屋商科大学」徹底比較 » 愛知学院大学大学院でMBA取得 » 愛知学院大学大学院で学べる内容

公開日: |最終更新日時:

愛知学院大学大学院で学べる内容

企業経営における専門教育を実施しキャリア形成を支援する愛知学院大学大学院

本ページでは、愛知学院大学大学院で行なわれている授業・カリキュラムの内容や特色、授業料などについての情報を紹介していきたいと思います。

愛知学院大学大学院のカリキュラムの特徴

愛知学院大学大学院では、経営に関する専門的な教育を通して、指導的役割を果たす職業人を養成します。3つの特色として、「高度専門職業人の育成」「理論と実践のバランスのとれたカリキュラム」「海外の大学との積極的な交流」をそれぞれ掲げています。

初年度は基礎科目群を核として、経営学を体系的に習得。さらに2年次以降は演習や関連科目である文献研究、講義を通じて専門性を高めます。

入学後、学生ごとに指導教員と副指導教員を定めて、複数人指導ができる体制を構築。学修の成果は複数の教員が多面的に評価します。

愛知学院大学大学院 カリキュラムマップ(2019年度)の場合

愛知学院大学大学院公式サイト
引用元HP:愛知学院大学大学院公式サイト
http://keiei.agu.ac.jp/graduate-student/curriculum/index.html

カリキュラムでは全員履修必須の基礎科目群を中心に、「生産・マーケティング領域」「会計・ファイナンス領域」「組織マネジメント領域」の3領域にわたり、経営の専門性を修得。経営実践科目として、バランスのとれた研究学習を実施していきます。すべての講義と研究を修了することで、経営学修士(MBA)が取得できます。※諸注意事項などがありますので、詳細は公式サイトにてご確認ください。

愛知学院大学大学院の授業内容

愛知学院大学大学院では実際の経営者を講師として招く「特別経営講座」など、第一線で活躍する方の声も授業に取り入れています。身の回りの生活の中から経営を考えるヒントを見つけて研究材料にすることもできます。

取得できる資格としては、中小企業診断士や税理士、公認会計士、販売士のほか、国税専門官や国家公務員など、専門性を活かしてキャリアアップを図ることも可能となっています。

愛知学院大学大学院の教員と実績

愛知学院大学大学院では学生ごとに指導教員と副指導教員を定めています。一人につき二人の指導者がつくことで、一貫した指導体制を整えており、専門性を高めていきます。

教授陣は経営原理やイノベーション研究、国際マーケティング活動、統計的データ解析、財務会計、国際会計などの専門家が揃っており、学生の進路や希望に即した指導者としてサポート。

名古屋の会社を事例として取り上げた「生産管理研究」など、地域性を重視した研究も行うことができます。

愛知学院大学大学院のスケジュール例

引用元HP:愛知学院大学大学院公式サイト
http://keiei.agu.ac.jp/inquiry/index.html

愛知学院大学大学院のスケジュール例については記載がありませんでした。詳しくは愛知学院大学経営学部にお問い合わせください。

愛知学院大学大学院の授業料/教育ローン

愛知学院大学大学院では、初年度の入学料は220,000円。授業料610,000円に教育充実費が160,000円、別途徴収金が28,800円かかり、初年度はトータルで1,018,800円となります。

2年次は授業料が620,000円、教育充実費が170,000円、別途徴収金が2,800円となり、トータルで792,800円かかります。