名古屋でMBAを取るなら貴方はどっち?「グロービス経営大学院」or「名古屋商科大学」徹底比較 » MBAが活かせる仕事とは? » MBAの知識・能力が活かせる「経営企画」という仕事

投稿日:

MBAの知識・能力が活かせる「経営企画」という仕事

経営企画とは

経営戦略を実現させる計画を進める際に、必要な人材や資金などの経営資源を割り当てます。その効率的な配分を決定するのが「経営企画」の仕事です。

経営企画は、「経営企画部」「経営戦略室」「事業企画部」「社長室」など企業によって名称は異なりますが、あらゆる企業で重要なセクションといえます。社内でも「花形」と位置づけられることが多く、「高い事務処理能力」や「論理的思考力」「マネジメント力」などが必要になるため、学歴が高く、優秀な人材が任命されます。

経営幹部に近いポジションで仕事ができ、将来、取締役になれる可能性も高いことから、キャリアアップを願う人たちの間で注目を集めている職種です。

経営企画に必要な知識・スキル

経営企画に配属される人には、日常的な事務処理を進められることはもちろん、「経営学」「ファイナンス」「企業法務」「マーケティング」などの幅広い知識が求められます。さらに、全ての関係者に認められる計画立案のための「論理的な思考力」、「リサーチ能力」「コミュニケーション力」などが必要です。

MBAがあれば経営企画職への転職に有利?

ビジネススクールでは、ファイナンスやアントレプレナー、オペレーション、マーケティング戦略などの知識を総合的に修得できます。経営企画に活かせる実務経験があり、キャリアアップのためにMBAを取得する人もいるようです。大手の企業やグローバル企業の経営層では、ほとんどがMBAを取得しています。

MBAを取得することで、経営企画の仕事を遂行するための、知識やスキルを持っていると認識されます。そのため採用時には、MBAを取得していない人よりも、MBAホルダーの方が有利だといえるでしょう。さらに実務経験があれば、より有効だといえます。

MBA取得後の経営企画へのキャリアチェンジ

営業から経営企画へ異動したAさん

img01

MBAによって得たものは大きい

入社後、営業部門で約16年の経験を積みました。異動や転勤を経験しながら特に目標もなく、ひたすら仕事をこなす毎日でしたが、30歳を前に自分のキャリアに焦燥感を抱くように。しかし当時は、キャリアアップのために何を学ぶべきか分からないまま数年が過ぎて行きました。MBAを学ぶきっかけとなったのは、得意先の営業担当の方がMBAを学んでいることを知った時です。その方に勧められ、ビジネススクールへ入学しました。MBA学びを通して、普段の業務でも、以前は思いつかなかった提案ができたり、新しいことへのチャレンジにも前向きになれたりと、得られたものは非常に大きいと感じています。そのうち、経営に近いセクションで仕事がしたいという思いが強くなり、本社の経営企画への異動を希望し、現在に至っています。

名古屋でMBAが取得できるビジネススクール