名古屋でMBAを取るなら貴方はどっち?「グロービス経営大学院」or「名古屋商科大学」徹底比較 » MBAに関する様々な疑問 » MScとMBAの違い

公開日: |最終更新日時:

MScとMBAの違い

MScとは

MSc(Master of Science)とは経営学に関する修士号の内、「研究志向」に分類された学位です。カリキュラムは必然的に学術志向が強くなる傾向があり、財務や会計、金融など、企業の特定領域に関する専門知識を体系的に理解した人材育成を目的として構成されています。

また、欧州では実務経験3年以上のプログラムのみをMBA認証するので、カリキュラム上はMBAでもあえてMScと表記される場合があります。

MScとMBAのちがい

MScとMBAの簡単なちがいは次の通りです。

MScとMBAは育成すべき人物像が異なるので、教育手法や目的も異なります。違いを正確に表現できる人間は日本国内では国際認証担当者など限られています。それぞれの違いを以下にまとめてみました。

MSc MBA
学位の種類 経営学に関する修士号の内「研究志向」に分類 経営学に関する修士号の内「実務志向」に分類
内容 将来、博士課程に進学する事を考慮した学術志向が濃い 実務家のための実践色のが濃い
目的 企業の特定領域(財務、会計、金融、生産技術、流通、税務、マーケティングなど)に関する高度な専門知識を体系的に理解した人材育成 経営者の視点で企業活動全体を俯瞰した意思決定ができ、総合的な判断能力を持つ人材(CEO、CFO、COO、CMO)育成

MScで学ぶこと

MScは特定領域に関する高度な専門知識を体系的理解した人材育成を目的としているため、ケースメソッドを多用した実践的な講義よりも、理論研究が中心で学べる内容となります。MScで学べるプログラム一覧は以下の通りです、

MScのメリット・デメリット

企業の特定領域に関する専門知識を体系的に理解した人材育成を目的とするMScのメリット・デメリットは以下の通りです。

【メリット】

【デメリット】