名古屋でMBAを取るなら貴方はどっち?「グロービス経営大学院」or「名古屋商科大学」徹底比較 » ビジネススキルを効果的に向上させるには? » コミュニケーション能力とは?向上のためのコツ

公開日: |最終更新日時:

コミュニケーション能力とは?向上のためのコツ

ビジネス・プライベート問わず、ネットワークの発達と普及の影響もあり、人々は日夜たくさんの人とさまざまな方法でコミュニケーションをとるようになっています。しかし、改めて「コミュニケーション能力とは?」と考えてみると、実はなかなか明確な答えが出ないもの。ここでは、コミュニケーション能力とはどういうものか改めて考えてみるとともに、コミュニケーション能力の向上のコツについても考えてみましょう。

コミュニケーション能力とは

コミュニケーション能力とはどういうものか考える前に、そもそも「コミュニケーション」とはどういうものかを改めて考えてみましょう。コミュニケーションとは、「対人間での情報共有や意思の疎通」と定義できます。ここから考えると、コミュニケーション能力とは、「他社と情報を共有したり意思の疎通をしたりする能力」と言うことができるでしょう。

ここで注目すべき点は、コミュニケーションには当然ですが相手がいるということ、つまりコミュニケーションという行為は一方向のものではなく双方向のものということです。「コミュニケーション能力が高い人」というと、話が上手い人、外交的・社交的な人というイメージがありますが、実はそれはコミュニケーションの一側面、つまり自分から相手に向けて情報を伝える能力でしかありません。双方向の能力であるミュニケーション能力には、相手の意を汲んだり相手の感情を察したりといったような、相手が発信した情報を受け取る能力も欠かせないのです。したがって、話がうまく社交的であっても、自分が話したい話を一方的に喋りまくるような人は決してコミュニケーション能力が高いとは言えないのです。

コミュニケーション能力向上のメリット

信頼関係を構築できる

ビジネスの場でもプライベートでも、良好な人間関係を構築するためには信頼関係の構築は必須です。そして、信頼関係を構築するにはコミュニケーションは欠かせません。人は、コミュニケーションをとることによってお互いの価値観や考え方を知ることができます。そうなれば一緒に仕事をする際にスムーズに工程を進められるようになるでしょう。また、信頼関係を構築した相手には安心感を覚えます。職場でそうした人間関係が構築されれば、職場全体が働きやすい場所になるでしょう。

仕事の上で連携が取りやすくなる

多くの仕事は一人で完結するものではなく、たくさんのスタッフの連携によって成り立っています。そのため、コミュニケーションが不十分だと連携がうまく取れないので仕事がスムーズに進みません。逆に、スタッフ間のコミュニケーションが十分に取れていれば情報共有も確実にできるので、仕事がスムーズかつ正確にできるようになるのです。

自分の考えをさまざまな方法で伝えられるようになる

相手とのコミュニケーションに関わるのは、なにも言葉だけではありません。話すときの声のトーンや視線、声の大きさも重要なコミュニケーション手段です。従って、コミュニケーション能力が高いとさまざまな方法でわかりやすく自分の考えや感情を相手に伝えることができるのです。

コミュニケーション能力が高い人の特徴

他者に対する興味・関心が高い

自分以外の相手の考え方や感情、経験などに興味があれば、必然的に相手とコミュニケーションをとることによってそれを知ろうとするでしょう。逆に他者にまったく興味や関心がない人ならそもそも誰かとコミュニケーションを取ろうとしないはずです。

相手の気持を読み取ることができる

言葉はコミュニケーションの基本的かつ重要な要素です。しかし、言葉に現れている部分がすべてかというとそうとは限りません。言葉の奥には、表面には現れない真意や本当の気持ちが隠れています。コミュニケーション能力が高い人は、自分の考えや感情を発信することだけでなく、相手の気持ちを受信することにも長けているのです。

相手との一体感を作れる

コミュニケーション能力が高い人は、相手との信頼関係を作るのが上手です。当然、そうした人に接していると、その相手は強い一体感を感じます。プライベートはもちろんのこと、仕事の場でもこの一体感は非常に重要で、大きな一体感でつながったグループには強い信頼感が生まれるのです。

話を聞くのがうまい

一方的に自分の話をするだけではコミュニケーション能力があるとは言えません。それに加えて、相手の話をきちんと聞ける能力も持っている人こそ、ほんとうの意味でコミュニケーション能力があると言えるのです。相手の話をきちんと聞ける人に対しては、相手も心を開きやすくなります。そのため、仕事の場でも相手の要望や悩みをうまく引き出すことができるのです。上手い人なら、相手自身も自覚していないような、心の奥底にある考えをも引き出すことができるでしょう。

コミュニケーション能力を向上させるには

テーマを決めて話す

コミュニケーション能力を向上させる方法の基本は、やはり話すことです。ただ漠然と何かを話すのではなく、なんらかのテーマを決め、それについて話すことでコミュニケーション能力を鍛えるのが、シンプルかつ効果的な方法でしょう。

話のネタを収集しておく

話をしようとしても、話すべき話題がなくては話しようがありません。そのため、常日頃から話せる話題を探して、準備しておくのが効果的です。日常のちょっとした出来事や発見などのほか、話題以外にもテレビのコメンテーターやお笑い番組などから効果的な話し方を学んで実践するのもいいでしょう。

身近なコミュニケーションが上手い人の真似をする

何事もお手本となる人が入れば、その人を見習うことでさまざまなことを学べます。それはコミュニケーション能力についても同じです。職場の同僚や上司などのコミュニケーション能力が優れている人がいれば、その人の話し方や話題、プレゼン力などをよく観察して、自分でも同じようにやってみましょう。

共通の話題を話す

出身地が近い、趣味が一緒など、共通する話題があるなら活用するのがおすすめです。自分と相手に合った話題であれば話しやすいのはもちろん、お互い共感できる部分も分かり打ち解けやすくなるでしょう。