名古屋でMBAを取るなら貴方はどっち?「グロービス経営大学院」or「名古屋商科大学」徹底比較 » MBAに関する様々な疑問 » MBAホルダーの転職市場

公開日: |最終更新日時:

MBAホルダーの転職市場

MBAホルダーに用意されているポジションとは?

グローバル化が進み、海外へ進出する企業も増えている日本では、MBAホルダーの活躍領域も、だんだんと幅が広がっています。

MBAホルダーに日本企業が用意しているポジションは、コンサルタントや戦略チームリーダー、経営企画などさまざま。なかでも金融業界の場合は、プライベート・エクイティや投資銀行などのマネジメントや金融プロフェッショナルなどで、MBAホルダーの能力が求められることが増えています。

投資会社へ転職する場合は、戦略コンサルタントや外資系投資銀行などの経験を積んだ上で、さらなるステップアップとしてMBA取得を考える方が多い傾向ようです。多くの場合は国内でのMBA取得で問題ありませんが、キャリアプランによっては、海外でMBAを取得した方が評価は高くなる場合もあります。

MBAは経営エキスパートの証明

実務能力を証明するその他の資格とは性格が違い、MBAは経営学における修士学位です。そのため新卒者であれば「学歴」にあたり、社会人にとっては、実務経験だけでなく専門的に学んだ「より能力の高い人材」ということの証明になります。

経営のプロフェッショナル・スクールとしてのビジネススクールの目的は、即戦力となる実務家を世に送り出すこと。戦略・経営資源の分析・組織行動学などのカリキュラムを中心に、経営について幅広いテーマを習得します。

つまりMBAホルダーは、社会人の場合において実務的スキルだけに留まらず、経営に関して論理的な思考力のある人材を示します。転職先では、MBAホルダーは専門家として高いスキルを求められ、現場ですぐにその能力を発揮することが期待されるのです。

MBAホルダーに求められる英語力

日本でもMBAを学べるビジネススクールはたくさんあります。ただ、転職先によってはMBAに求められるのは、MBAホルダーとしての専門的能力だけではありません。グローバルビジネスで通用する英語力やいろいろな国の出身者がチームを組むプロジェクトでの、コミュニケーション能力なども注目されます。

英語力を重視するのであれば、海外のビジネススクールで異文化に触れながらMBAを学び、コミュニケーション能力を磨くことも必要でしょう。

また転職時に海外留学を経験したMBAホルダーと、国内のビジネススクールでMBAを取得した者を比べた際、英語力の面ではどうしても国内MBAホルダーが不利になります。国内でMBAを取得する場合は、ビジネススクールに通う以外に、英語力を養う場が必要になるでしょう。英語力を磨き、ビジネスの現場で、バイリンガルとして通用するコミュニケーション能力が習得できれば、転職時にも海外MBAに負けない強みになります。

MBAホルダーが活用する人的ネットワーク

MBAを学ぶ学生は、ほとんどが社会人です。そのため、学校にはさまざまなバックグラウンドを持つ人たちが集まります。これまで知る機会のなかった業界の知識に触れ、異業種間の交流を持つことで、人的ネットワークが広がるのです。卒業後も、この人的ネットワークを情報源としている方も多いでしょう。実際にMBAホルダーの人たちに話を聞くと、転職時の有利さ以上に「そこで得たネットワークに価値がある」と答える方も多いようです。

例えば、MBAで得たネットワークで転職先を紹介してもらったり、仕事の依頼を受けたり、意気投合したクラスメイトと起業したりといった具合に。

また異業種や異文化に触れるうち、コミュニケーション能力が磨かれたり、視野が広まったりなど、自分の能力アップや自分や会社を客観的に見ることで、重要な気づきを得ることもあるようです。

MBA取得後のキャリアゴール

MBAホルダーとなる際の年齢や経歴によって、個々のキャリアゴールは大きく異なります。

20代でMBAホルダーとなる場合は、ポジションの確保や収入アップ、あるいは海外MBAでは海外での転職などが見込めるでしょう。一方、30代でMBAホルダーとなる場合は、キャリアチェンジというよりもこれまでのキャリアに加え、MBAでの学びを活かしていかに業務で「やりたいことができる」かが重要になります。

MBAを取得するためには、プライベートな時間や多額の授業料などの費用を捻出する必要も。そうした自己投資を少しでも多くの成果につなげるためにも、「キャリアゴール」を明らかにすることは非常に重要だといえます。

採用側はMBAホルダーをどう見るか

MBAホルダーが「有利」というのは書類選考に限ります。それよりも、それまでの実績や経験などのキャリア、問題解決などの能力が重要です。

外資系の企業でも、MBAホルダーは歓迎される傾向にありますが、やはり、実務経験が第一と考えられています。

MBAホルダーが活躍する企業においても、採用側が見るのは募集職種における「実務経験」です。自分がどの分野の専門家なのか、その分野でMBAをどのように活かせるのかを、明確にできているかが重要になります。

中途採用では、どの分野でも即戦力が求められます。MBAの知識で何をしたいのか、転職時にしっかりアピールできれば、MBAホルダーとしての評価も高くなるでしょう。

MBA取得見込み者の転職体験談

img01

製薬会社での研究開発担当から経営コンサルタントへ転身したBさんの場合

優秀な人材はたくさんいたのですが、提案が思い通りに通らないことも多く、経営層に提案をスムーズに受け入れてもらうためには、経営を知る必要があると考えました。それがMBAを取ろうと思ったきっかけです。MBAを取得したことで、企業への転職ではなく、独立という新たな道も開けました。MBAホルダーはあくまで称号。MBAがなぜ必要か、それを突き詰める必要があります。MBAを取得するまでの1~2年で、経営についてどれほど真剣に考えられたかで、取得後の成果は大きく変わると思います。

img01

前職エンジニアから、外資系の会社へITコンサルタントとして転職したAさんの場合

大学を卒業した後、システムインテグレーターに就職し、金融向けのアプリ開発に6年ほど携わりました。MBAの取得を考えた時は日常会話レベルの英語力でしたが、猛勉強して900点近くまで到達。その後1年間留学してMBAを取得。留学期間が1年と短かったため、MBAを学び始めてすぐ、転職活動の準備も進めました。自分がなぜコンサルを目指しているのか、その点を明らかにするために、一番時間を費やしたと思います。帰国後、1ヶ月で10社ほどの面接を受け、希望するITコンサルタントへ転身できました。