名古屋でMBAを取るなら貴方はどっち?「グロービス経営大学院」or「名古屋商科大学」徹底比較 » グロービス経営大学院(名古屋校)でMBA取得

投稿日:|最終更新日時:

グロービス経営大学院(名古屋校)でMBA取得

グロービス経営大学院、MBAスクールとしての特色は?

本カテゴリーでは、名古屋校も展開するグロービス経営大学院について取り上げ、MBAスクールとしての特色や教育方針、授業内容などの各種情報を取りまとめてご紹介していきたいと思います。

リーダーに求められる「志」が醸成される
イメージ
引用元HP:グロービス経営大学院公式サイト
https://mba.globis.ac.jp/

グロービス経営大学院は2006年に設立。2008年には学校法人化され、2009年には我らが名古屋校も開設されたというビジネススクールになります。運営母体である株式会社グロービスは、累計約3,400社に法人向け人材育成サービスを提供してきたという会社になります。
そうした出自もあり、同校では学術的、体系的にMBAを教えることよりも、より実践的な能力を開発できることを重視しており、そのカリキュラム内容を「創造と変革のMBA」と称しています。

また「社会に創造と変革をもたらすビジネスリーダーの育成」をスローガンとして掲げており、すべての授業科目において、自らの頭で現状を把握し、未来の方向性を描くということを徹底して行います。原則として3年以上の社会人経験を有する者が受講対象となっています。

グロービスで学べる内容

上記の通り、グロービスでは「創造と変革のMBA」と題し、学術的、体系的にMBAを教えることよりも、より実践的な能力を開発できることを重視してします。例えばMBAスクールの多くで行われている「ケースメソッド」においても、単に分析だけで終わることはなく、講師と生徒が徹底してディスカッションを重ね、実践力を高めることを大きなこだわりとしています。

グロービスで学べる内容が知りたい

グロービスの単科生制度

大学院の本科生として正式に入学する前に、本科生とまったく同じ内容の授業を、本科生と一緒のクラスで受講できるというのがグロービスの単科生制度です。実際の授業とまったく同じ内容を体験した上で、本科生としての入学を決めることができ、大学院本科生の98.6%が、単科生制度を利用してから本科へ進んでいます。

グロービスの単科生制度が知りたい

グロービスの入学試験

同校では「創造と変革を担う志士」、「ビジネスリーダー」を輩出するという方針を掲げており、入学審査にあたってもそうした能力と志をもっているかを重要視しているとのこと。一定レベル以上の知識を有していることは前提として、心意気も重要であるとしています。入学者の選考は一次の書類審査で課題エッセイの提出。二次審査の試験では60分の「論理思考力に関するテスト」と面接が行われます。

グロービスの入学試験が知りたい

グロービスの体験クラス/説明会

上記の通り、同校では大学院の本科生となる前段階として、単科生制度が用意されていますが、説明会ではまず、この単科生制度をはじめ、グロービス経営大学院の方針や目指しているもの、さらには入試に関する説明などが行われます。続いて、グロービスが大きなこだわりとしている「ビジネスに直結する実践的なクラス」に実際に参加する形式の体験クラスが行われます。

グロービスの体験クラス/説明会が知りたい

グロービス卒業生の例

同校でMBAを取得した卒業生に実施したアンケートによると、実に90.3%がキャリアや待遇などの面で、ポジティブな変化があったと回答しています。またその9割が、グロービスで学んだことが関係していると回答。そんなグロービス卒業生の中から、4人の方を取り上げ、それぞれの職業や受講のきっかけ、卒業後にどんな変化が現れたかなどをご紹介しています。

グロービス卒業生について知りたい

グロービスが行うサポート・支援

MBAを取得するにあたってのガイダンスやセミナーはもちろんのこと、卒業生や卒業見込み者が、新たな道へ踏み出すためのキャリアサポートにも力を入れています。

例えば、卒業後に起業を目指す受講生に対しては、起業サポートとしてビジネスプランコンテストを開催。受賞者にはグロービスが組成するファンドからの出資を受けることができます。起業家・起業をこれから目指す方を結びつける「グロービス・アントレプレナーズ・クラブ」も存在しています。

事業継承者へのサポートとしては、そうした立場の方々ならではの課題や悩みを支援する方策として、キャンパスごとに「事業承継者の会」を設けており、さらにキャンパスの枠を超え、全国の事業承継者と繋がる「あとつぎ会議」を組織しています。

転職サポートとしてはMBAに特化したキャリアセミナーを定期的に開催。また求人サイトビズリーチと連携し、卒業生を対象としたキャリアサービスを提供。さらにはグロービスと縁のある企業からの求人情報も学内求人票を通じて提供しています。 

グロービスが行うサポート・支援を知りたい

グロービスのオンラインサービス

同校は名古屋、東京、大阪、仙台、福岡といった大都市に通学制スクールを展開していますが、地理的な条件により「通いたくても通えない」という受講希望者に向け、オンライン授業を用意。インターネットに接続できる環境さえあれば、場所を問わず授業を受けることができます。

グロービスのオンラインサービスが知りたい

グロービスから取り寄せた資料

グロービスでは各校舎や事務局、そして公式ホームページからもMBA受講に関する資料を請求することができます。送られてきた資料はグロービス経営大学院の本科生となるためのパンフレット、同校が力を入れている単科生制度についてのパンフレット、そしてオンラインMBAプログラムについての案内パンフレットでした。

本科生となるためのパンフレットでは、大きなこだわりとしている「創造と変革のMBA」についての詳しい説明や、授業内容、卒業生の声などが網羅されています。また同校が大きく推奨している単科生制度のパンフレットでも、本科生受験の前に単科生として受講するメリットが詳しく解説されています。オンラインクラスの案内も、ネット環境で学べるしくみとメリットが分かりやすく説明されています。

グロービスからの発信

同校ではこれまでに培ってきた多種多彩な経営ノウハウを、様々なカタチで発信しています。その筆頭が出版物で、なかでも書籍『グロービスMBAシリーズ』は累計150万部という実績を誇っています。その他にも、グロービスがビジネススクールや法人研修の運営を通じて得た知見をフル活用し、ビジネスに関する書籍を幅広く出版しています。また2014年からは、これらの電子書籍版も手がけています。

ウェブメディアとしては経営者やビジネスリーダー向けのコンテンツを多数取り揃えた「GLOBIS知見録」を運営。MBAに関する学びの内容はもとより、時事的な経済ニュースを、MBAの視点から分析するといった、グロービスならでの内容が満載されています。

日本やアジア各国で活躍するリーダー向けには、英語版ウェブメディアの「GLOBIS Insights」も運営。MBAプログラムの知識はもとより、グロービスのシンガポールや中国のオフィスから見たアジアのビジネス開発状況など、マネジメントやグローバル化に関する動画や記事を閲覧できます。

名古屋でMBAが取得できるビジネススクール

グロービス経営大学院(名古屋校)の最新情報

キャンペーン情報

  • 2020年11月13日
    新型コロナウイルス感染者の発生に関するお知らせ
    2020年11月12日、本学の教員が新型コロナウイルスに感染したことが判明しました。なお、学生や他の教職員に濃厚接触者に特定される者はおりません。
  • 2020年11月09日
    グロービス経営大学院学生チーム、日本ビジネススクールケースコンペティションで準優勝
    11月8日に開催された「日本ビジネススクールケースコンペティション2020」(以下JBCC)。日本全国のビジネススクールから参加した140チームのうち、グロービス経営大学院の学生チームが、準優勝・特別賞に輝きました。

※公式サイトより抜粋

SNS情報

グロービス経営大学院(名古屋校)のSNS最新情報

Twitterの更新情報

Facebookの更新情報

2月の卒業生限定「オンライン読書会」を開催しました。 2月の読書会は、台湾のデジタル担当政務委員である、オードリー・タン著の「オードリー・タン...

Globisさんの投稿 2021年2月25日木曜日