名古屋でMBAを取るなら貴方はどっち?「グロービス経営大学院」or「名古屋商科大学」徹底比較 » ビジネススキルを効果的に向上させるには? » マーケティングとは?重要性と必要なスキル

公開日: |最終更新日時:

マーケティングとは?重要性と必要なスキル

マーケティングとは

「市場調査や宣伝活動を指すもの」など、巷ではマーケティングの定義について、さまざまなイメージを持たれているようです。

マーケティングを一言で表すと、「売れ続ける仕組み作り」ということに集約できます。プロモーションやリサーチは、あくまでもマーケティングの機能のうちの一つに過ぎません。

日本マーケティング協会が示すマーケティングの定義としては、自社と競合他社がグローバルな視点で、市場確保のための公正な競争を行う中で、取り入れられる活動すべてを指すとされています。

この定義の中では、「顧客との相互理解」を得る必要性についても触れられており、自社だけが儲かる仕組みではなく、自社も顧客も儲かる仕組み作りが重要であると読み取れます。

つまり、マーケティングの本質は、自社と顧客がwin-winの関係にあり、その関係を継続させるための仕組みとも言い換えられるでしょう。

このwin-winの関係は、一般の顧客を相手にしたビジネスでは、顧客側が企業から提供されるサービスや商品に対して支払った金額より、高い満足感が得られたときに成立します。

戦略的なマーケティングの重要性

売り上げ目標を掲げた後、それを達成するための方法として考えられるものが「戦術」であり、その戦術の中から効率的に目標を達成できる方法を考えて、そのプロセスを選択したものが「戦略」です。

長期にわたって結果を出すには、戦略が不可欠ですが、多くの企業では戦術にばかり目が向き、戦略を疎かにする傾向があります。

例えば他社の成功事例を参考に、自社商材に合わせた戦術だけを導入するという場合。仮にその方法で短期間に効果が実証できたとしても、長期で見た場合に、果たして目標を達成できるかは疑問です。

成功事例をもとにした手法は、多くの企業がこぞって取り入れる可能性が高いため、すぐに古くなってしまいます。

戦術は外部から見えやすく、真似されやすいというリスクがありますが、戦略は外部から見えにくく、長期の競争で優位に立てるというメリットがあります。どのような環境であっても、自在に戦術を組み合わせて勝負できる企業であれば、成功を遂げやすいと言えるでしょう。そのためにも戦略的なマーケティングは重要なのです。

マーケティングで必要とされるスキル

マーケティングを行うには、基本的なスキルを有していることが大前提です。マーケティングを行う上で必要になるスキルには、主に以下のようなものがあります。

全般的なスキル

戦略を考える上で、マーケティング全般の経験や知識は必須となります。効果的な戦略を実現するためには、「ネットマーケティング検定」や「中小企業診断士」、「MBA(経営学修士)」などを学ぶと良いでしょう。

マーケティングにはトレンドがあり、時代とともに進化します。その時々のトレンドを押さえたマーケティングを行うためにも、常に流行を逃さずにスキルアップし続けるという姿勢が大切です。

情報収集力

世の中には情報が溢れています。マーケッターには、その中から必要なものだけを集める能力が必要です。もちろんトレンドを把握していなければ、時代遅れの情報を取り入れてしまう恐れも生じます。

トレンドを押さえるには、テレビや新聞などのメディアのほか、ネットニュースやSNSで取り上げられている情報にも注目することが大切です。

常にアンテナを張り、新鮮な情報を収集することに努めれば、効果的なマーケティング戦略を打ち立てられるでしょう。

分析能力

市場調査で得た情報を十分に分析することで、儲かる仕組み作りが可能になります。そのためマーケティングを行う上で、データ分析は欠かせません。

マーケティングでよく使われる分析方法は、「3C分析」や「PEST分析」、「バリューチェーン分析」などがあります。この3つの方法は、特に基本的なものなので、適切な戦略を立てるために内容を押さえておきましょう。

企画・立案力

マーケティングは、市場で商品やサービスが売れる仕組みを作ること。顧客にアプローチする上で、既存の戦略で妨げとなっている箇所を発見し、改善するための企画立案ができるかが重要です。

またマーケッターには、現状を客観的に見て問題を発見する能力や、その問題を解決できるアイデア力があるかが問われます。課題解決を成功させるための企画力が求められるのです。

しかし、企画力を習得するには、かなりのタイムコストを要します。企画力を養うには、現状把握や戦略立案などの実践的かつ専門知識が網羅された「Webプロデューサー検定」の資格学習を検討しましょう。

コミュニケーション能力

マーケティングは、上司やスタッフなど複数の人とチームを組んで行う仕事です。チーム内の人だけでなく、他の部署の人や顧客とやり取りする機会も多いでしょう。いろいろな場面で、さまざまな人と協力し、仕事を円滑に進めるためには、コミュニケーション能力が必要になります。

プレゼンテーション能力

マーケッターには、社内外にマーケティング施策をプレゼンする仕事もあります。マーケティング施策が認められることで晴れて実践が可能になるため、論理的かつ説得力のあるプレゼンテーションを行える能力が重要です。プレゼン内容だけでなく、話し方にも工夫をし、ジェスチャーを交えて分かりやすく伝えることがポイントになります。

パソコンスキル

仕事上でパソコンを使用することは、もはや当たり前となっています。そして、マーケッターにはパソコンスキルが欠かせません。パソコンを使いこなすことで、マーケティングの仕事をスピーディーに効率良く進められるのです。最低限、「Word」や「Excel」、「PowerPoint」などの基本的なオフィスソフトのスキルは、習得しておくことをおすすめします。

Web制作スキル

インターネットが普及し、スマホやタブレット端末でネットを活用する人が増えたことで、多くの企業では自社のホームページやブログを運営しています。Web制作のスキルは、マーケッターとして働く上では必須ではありませんが、Webマーケティングの担当者として活躍するには、押さえておきたいスキルです。

Web制作の基本をマスターするには、「Webクリエイター能力検定試験」や「HTML5プロフェッショナル認定試験」などの資格勉強を行うのが良いでしょう。

マーケッターの仕事、役割

企業によって扱う商材やサービス、商習慣は違うため、マーケッターの仕事内容も企業ごとで異なります。しかし、どの業界で働く場合でも、マーケッターに共通する仕事内容があります。

まず一つは、ユーザーのニーズや動向を探るための、「市場調査」や「情報収集」です。次に、集めた情報を分析し、商品・サービスを売るための戦略を立てて実行に移ります。最後は、実践した戦略に対する効果の測定や、改善策を立案、そして実行します。

この一連の流れ、「計画(Plan)・実行(Do)・評価(Check)・改善(Act)」(PDCA)を繰り返し行い、売り上げ向上を図ることが、マーケッターの役割といえます。

マーケティングスキルを向上させる方法

マーケッターに必要なスキルの項目であげた資格のほか、「Webアナリスト検定」や「ウェブ解析士」、「統計検定」、「マーケティング・ビジネス実務検定」などの資格勉強も、マーケティングを行う上で役立つでしょう。

知識を覚えるだけでなく、資格を取得することで、次のスキルアップへとつなげることも可能です。

マーケティングは、初心者がいきなり始められるほど簡単な仕事ではなく、専門的な知識を習得していることが前提となります。まずはマーケティングの基本的な内容を押さえることから始めましょう。

マーケティングの知識を習得、あるいはより深めたいのであれば、ビジネススクールで専門的に学ぶのが良いです。

自分の可能性を広げる「MBA」を学ぶ

幅広いビジネススキルを学べることはもちろん、年収アップや転職にも有利になる「MBA」。

当サイトでは、名古屋でMBAを取得できる2校「グロービス経営大学」と「名古屋商科大学ビジネススクール」を徹底比較しています。

学べる内容やスクール選びのポイント、MBAを取得するメリットなどを、ぜひチェックしてください。

名古屋でMBAが取得できるビジネススクール